記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

文字サイズ

記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

会員サポートメニュー 会員サポート

障害・メンテナンス情報

障害・メンテナンス情報サイトにてお知らせしております。

詳細はこちら

ご契約内容の確認

ご契約内容確認、ご利用明細や
各種お手続がおこなえます。

ログイン

お問い合わせ

サービスに関する質問、疑問がありましたらお問い合わせください。

お問い合わせ一覧

資料請求

サブミッションポート587番の提供

@T COM(アットティーコム)では、25番ポートブロック(OP25B:Outbound Port25 Blocking)を実施しているプロバイダをご利用の会員様が、@T COM(アットティーコム)のメール送信をご利用いただけるように、サブミッションポートの587番を提供しております。

サブミッションポートとは

サブミッションポートとは、メール送信時に使われる25番ポートではなく、メール送信の受付専用に使われる587番ポートの事です。

25番ポートブロック(OP25B:Outbound Port25 Blocking)を実施しているプロバイダの場合、そのプロバイダ以外のメール送信サーバ、例えば@T COM(アットティーコム)のメール送信サーバなどを使ってメールが送信できなくなります。

これは、メール送信時に使用する25番ポートが遮断されているため、他のメール送信サーバとの通信ができないためです。

この場合、メールを送信しようとしているメール送信サーバがサブミッションポートに対応していれば、メールソフトの設定を25番ポートからサブミッションポートの587番を変更することにより、外部のメール送信サーバを利用することができるようになります。

サブミッションポートとOP25Bの例

サブミッションポート587番の提供

@T COM(アットティーコム)では、25番ポートブロック(OP25B:Outbound Port25 Blocking)を実施しているプロバイダをご利用の会員様が、@T COM(アットティーコム)のメール送信をご利用いただけるように、サブミッションポートの587番を提供しております。

サブミッションポート587番の例

ただし、@T COM(アットティーコム)の場合は、サブミッションポート587番をご利用の際には、SMTP認証(SMTP Auth)が必要です。SMTP認証(SMTP Auth)とは、メール送信時にもメールアカウント、メールパスワードで正規のユーザかどうかを認証する仕組みです。

SMTP認証の例

@T COM(アットティーコム)のサブミッションポート587番を利用する場合は、 SMTP認証(SMTP Auth)の設定を行ってください。

詳しい設定方法は、の電子メールの設定をご覧いただくか、かんたんメール設定でメールソフトの設定を行ってください。特にかんたんメール設定では、自動的にメールソフトの設定を変更でき大変便利です。是非ご利用ください。

かんたんメール設定

電子メールの設定

サブミッションポート587番の設定が必要なお客様

@T COM(アットティーコム)の以下のインターネット接続サービスをご利用のお客様は、@T COM(アットティーコム)のメール送信サーバを使ってメールを送信する際にもサブミッションポート587番の設定とSMTP認証の設定が必要です。

対象コース

・@T COM(アットティーコム)ヒカリ(v6インターネット接続機能(IPoE)ご利用)

・auひかりコース

・ADSL Sコース

・ADSL (e)コース

・高速モバイルコース

詳しい設定方法は、会員サポートの電子メールの設定をご覧いただくか、かんたんメール設定でメールソフトの設定を行ってください。

特にかんたんメール設定では、自動的にメールソフトの設定を変更でき大変便利です。是非ご利用ください。

かんたんメール設定

電子メールの設定

また、@T COM(アットティーコム)でも25番ポートブロック(OP25B:Outbound Port25 Blocking)を順次実施しています。25番ポートブロック(OP25B:Outbound Port25 Blocking)の影響によりメールが送信できなくなる可能性があります。

以下のページで影響を受けるかどうかをご確認いただき、影響があるお客様につきましては設定変更をお願いいたします。

OP25B対象者チェックフロー