記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

文字サイズ

記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

会員サポートメニュー 会員サポート

障害・メンテナンス情報

障害・メンテナンス情報サイトにてお知らせしております。

詳細はこちら

ご契約内容の確認

ご契約内容確認、ご利用明細や
各種お手続がおこなえます。

ログイン

よくある質問

    お問い合わせ

    サービスに関する質問、疑問がありましたらお問い合わせください。

    お問い合わせ一覧

    資料請求

    電子メールの設定 : Windows Liveメール2011/2012の設定 初めて設定をする場合【POP】

    Windows Liveメールに初めてメールアドレスを設定する方法をご案内します。追加メールアドレスも同じ方法で設定いただけます。

    メールアドレスやメールアカウントなど設定に必要な情報を記載した書類(「登録完了のお知らせ」または「メールアドレス追加のお知らせ」)をご用意ください。

    1 Windows Liveメールを起動します

    【スタート】→【すべてのプログラム】→【Windows Liveメール】の順にクリックします。

    デスクトップにWindows Liveメールのアイコンがある場合は、アイコンをクリックしても起動できます。

    2 「Windows Live メール」の画面が表示されます

    【「自分の電子メール アカウントを追加する」の画面が表示された場合】

    お使いのコンピュータにWindowsLiveメールがインストールされているがアカウントの設定を一度もしていない場合は、「自分の電子メール アカウントを追加する」の画面が表示されますので、手順 4へ進んでください。

    3 【アカウント】→【電子メール】の順にクリックします

    表示されたメニューバーで【アカウント】→【電子メール】の順にクリックします。

    4 アカウント情報を入力します

    【自分の電子メール アカウントを追加する】の画面で以下のように入力し、【次へ】ボタンをクリックします。

    電子メールアドレス 「登録完了のお知らせ」に記載されているメールアドレス半角英数字で入力します。
    パスワード 「登録完了のお知らせ」に記載されているメールパスワード半角英数字で入力します。
    初期メールパスワードより変更している場合は、変更後のパスワードを入力してください。
    パスワードを保存する
    (B)
    チェックを入れます。
    表示名 メールの差出人名としてお好きな名前を入力してください。
    手動でサーバー設定を構成する
    (C)
    チェックを入れます。
    • ※電子メールアドレスのサブドメイン部分はお客様によって異なります。
      例えばメールアドレスが「hanako-t@tba.t-com.ne.jp」の場合、サブドメインは「tba」です。このサブドメインをお間違えにならないようにご注意ください。
    • ※こちらで入力した電子メールアドレスがあなたが送ったメールの送信元メールアドレスになります。これに誤りがあると、送信相手があなたのメールに返信しても届かなくなってしまいますので、正しく入力してください。

    5 引き続きサーバー設定の構成を入力します

    続いて次のように入力して、【次へ】ボタンをクリックします。

    受信サーバー情報
    受信メールサーバーの種類 POP】を選択します。
    サーバーのアドレス pop.t-com.ne.jp
    ※SSLを使う場合【pops.t-com.ne.jp
    ※「mail001.***.t-com.ne.jp」(***の部分はお客様によって異なります)に設定されている場合、そのままご利用いただけます。
    ポート 110】を入力します。
    ※SSLを使う場合【995
    セキュリティで保護された接続(SSL)が必要
    (R)
    チェックを入れない。
    ※SSLを使う場合チェックを入れます。
    次を使用して認証する クリアテキスト】を入力します。
    ログオン ユーザー名 メールアドレス】を入力します。
    送信サーバー情報
    サーバーのアドレス smtp.t-com.ne.jp
    ※SSLを使う場合【smtps.t-com.ne.jp
    ※「smtp2.***.t-com.ne.jp」「vcsmtp.***.t-com.ne.jp」(***の部分はお客様によって異なります)に設定されている場合、そのままご利用いただけます。
    ポート 587】を入力します。
    ※SSLを使う場合【465
    セキュリティで保護された接続 (SSL) が必要(R) チェックを入れない。
    ※SSLを使う場合チェックを入れます。
    認証が必要
    (A)
    チェックを入れます。

    6 【完了】をクリックします

    「電子メール アカウントが追加されました」の画面で、【完了(F)】ボタンをクリックします。

    7 【アカウント】→【設定を確認するアカウント】→【プロパティ】の順にクリックします

    「受信トレイ」の画面で、【アカウント】→【設定を確認するアカウント】→【プロパティ】をクリックします。

    8 【全般】情報を入力します

    表示された画面で【全般】タブを選択し、以下のように設定します。

    メールアカウント 覚えやすいお好きな名前を入力してください。

    9 【サーバー】タブをクリックします

    続いて【サーバー】タブをクリックして、次の内容を確認し、【設定(E)】ボタンをクリックします。

    受信メール サーバーの種類
    (M)
    POP3】が入力されていることを確認します。
    受信メール (POP3)
    (I)
    pop.t-com.ne.jp】が入力されていることを確認します。
    ※SSLを使う場合【pops.t-com.ne.jp
    ※「mail001.***.t-com.ne.jp」(***の部分はお客様によって異なります)に設定されている場合、そのままご利用いただけます。
    送信メール (SMTP)
    (U)
    smtp.t-com.ne.jp】が入力されていることを確認します。
    ※SSLを使う場合【smtps.t-com.ne.jp
    ユーザー名
    (A)
    メールアドレス】が入力されていることを確認します。
    パスワード
    (D)
    メールパスワード】が入力されていることを確認します。
    パスワードを保存する
    (W)
    チェックをすると、メールを送受信する度にパスワードを入力する手間が省けますので、チェックすることをお勧めします。
    クリア テキスト認証を使用してログオンする
    (C)
    チェックを入れます。
    このサーバーは認証が必要
    (V)
    チェックを入れます。

    10 ログオン情報を入力します

    「送信メールサーバー」の画面で、以下のように設定し、【OK】ボタンをクリックします。

    受信メール サーバーと同じ設定を使用する
    (U)
    チェックを入れます。

    11 【詳細設定】タブをクリックします

    続いて【詳細設定】タブをクリックし、以下のように設定されているか確認してください。設定されていない場合は、以下を参考に修正してください。

    送信メール (SMTP)
    (O)
    587】を入力します。
    ※SSLを使う場合【465
    このサーバーはセキュリティで保護された接続 (SSL) が必要
    (Q)
    チェックを入れない。
    ※SSLを使う場合チェックを入れます。
    受信メール (POP3)
    (I)
    110】を入力します。
    ※SSLを使う場合【995
    このサーバーはセキュリティで保護された接続 (SSL) が必要
    (C)
    チェックを入れない。
    ※SSLを使う場合チェックを入れます。
    サーバーのタイムアウト
    (T)
    任意に設定できますが、通常は1分でもかまいません。
    次のサイズよりメッセージが大きい場合は分割する(B) チェックを入れません。
    サーバーにメッセージのコピーを置く
    (L)
    必要に応じて設定します。
    サーバーから削除する
    (R)
    必要に応じて設定します。
    [ごみ箱] を空にしたら、サーバーから削除
    (M)
    必要に応じて設定します。
    • ※ チェックをしておくと、受信メールサーバにあるあなたのメールボックスにメールのコピーを残すことができますが、メールボックスが「無制限/60日間(標準)」の場合、60日間の保存期間経過後は削除されます。

    12 設定終了です

    以上で設定は終了です。

    OK】ボタンをクリックして、画面を閉じます。