記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

文字サイズ

記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

会員サポートメニュー 会員サポート

障害・メンテナンス情報

障害・メンテナンス情報サイトにてお知らせしております。

詳細はこちら

ご契約内容の確認

ご契約内容確認、ご利用明細や
各種お手続がおこなえます。

ログイン

よくある質問

    お問い合わせ

    サービスに関する質問、疑問がありましたらお問い合わせください。

    お問い合わせ一覧

    資料請求

    メールソフトの設定

    Windows Liveメールの設定 サーバーにメールを残さない設定

    Windows Liveメールでサーバーにメールを残さない設定方法を説明します。

    1. Windows Liveメールを起動します

    スタート】→【すべてのプログラム(P)】→【Windows Liveメール】の順にクリックします。

    デスクトップにWindows Liveメールのアイコンがある場合は、アイコンをクリックしても起動できます。

    2. 【ツール(T)】→【アカウント(C)】の順にクリックします

    Windows Liveメールが起動したら、メニューバーの【ツール(T)】→【アカウント(C)】の順にクリックします。

    参考:メニューバーの表示がない場合、上部の[メニューの表示]アイコンをクリックし、【メニューバーの表示(M)】をクリックします。

    3. 【プロパティ(P)】を開きます

    インターネットアカウント】が表示されたら、【メール】タブをクリックします。

    既に設定してあるメールアドレス(ここではアカウントとして表示されます)をクリックして選択します。

    ここで表示がない場合は、メールアドレスがまだ設定されておりませんので、「初めて設定する場合」をご覧下さい。

    右側の【プロパティ(P)】ボタンをクリックします。

    4. 【詳細設定】タブをクリックします

    詳細設定】タブをクリックして、【サーバーにメッセージのコピーを置く(L)】のチェックを外します

    サーバーにメッセージのコピーを置く(L) チェックを外します。
    • ※チェックをしておくと、受信メールサーバーにあるあなたのメールボックスにメールのコピーを残すことができますが、60日間の保存期間経過後はコピーは削除されます。なるべくチェックを外してください。

    5. 設定終了です

    以上で設定は終了です。

    設定を変更した場合は、忘れずに【OK】ボタンをクリックし変更内容を反映させます。

    インターネットアカウント】に戻ったら【閉じる】ボタンをクリックします。