記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

文字サイズ

記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

会員サポートメニュー 会員サポート

障害・メンテナンス情報

障害・メンテナンス情報サイトにてお知らせしております。

詳細はこちら

ご契約内容の確認

ご契約内容確認、ご利用明細や
各種お手続がおこなえます。

ログイン

お問い合わせ

サービスに関する質問、疑問がありましたらお問い合わせください。

お問い合わせ一覧

資料請求

メールソフトの設定 : Mail10.xの設定 初めて設定する場合【IMAP】

MacOSX Mail10.xに初めてメールアドレスを設定する方法をご案内します。追加メールアドレスも同じ方法で設定いただけます。 メールアドレスやメールアカウントなど設定に必要な情報を記載した書類(「登録完了のお知らせ」または「メールアドレス追加のお知らせ」)をご用意ください。

1 Mailを起動します

Dock】から【Mail】をクリックして起動します。

2 「メールアカウントのプロバイダを選択…」画面が表示されます

その他のメールアカウント…】にチェックを入れて【続ける】をクリックします。

【上記の画面が表示されない場合】
上記の画面が表示されない場合は、メニューバーの【メール】→【アカウントを追加】を選択してください。

3 メールアカウントを追加します

次のように入力し、【 サインイン】をクリックします。

名前 こちらで入力した名前が差出人として相手に届きます。あなたであることが分かるような名前にすることをお勧めします。
メールアドレス 「登録完了のお知らせ」に記載されているメールアドレス半角英数字で入力します。
パスワード 「登録完了のお知らせ」に記載されているメールパスワード半角英数字で入力します。
初期メールパスワードより変更している場合は、変更後のパスワードを入力してください。

4 画面が切り替わりますので、次のように入力して【サインイン】をクリックします

メールアドレス 「登録完了のお知らせ」に記載されているメールアドレス半角英数字で入力します。
ユーザ名 「登録完了のお知らせ」に記載されているメールアドレス半角英数字で入力します。
パスワード 「登録完了のお知らせ」に記載されているメールパスワード半角英数字で入力します。
初期メールパスワードより変更している場合は、変更後のパスワードを入力してください。
アカウントの種類 IMAP】を選択
受信用メールサーバ imap.t-com.ne.jp
※SSLを使う場合【imaps.t-com.ne.jp
※「mail001.***.t-com.ne.jp」(***の部分はお客様によって異なります)に設定されている場合、そのままご利用いただけます。
送信用メールサーバ smtp.t-com.ne.jp
※SSLを使う場合【smtps.t-com.ne.jp
※「smtp2.***.t-com.ne.jp」「vcsmtp.***.t-com.ne.jp」(***の部分はお客様によって異なります)に設定されている場合、そのままご利用いただけます。

SSLなしで設定した場合、[パスワードを"●●.t-com.ne.jp"に安全に送信できませんでした]という確認メッセージが表示されます。【続ける】をクリックして進めてください。

5 【メール】にチェックを入れて、【完了】をクリックします。

【メモ】はお好みでチェックを入れてください。

6 受信フォルダに戻ります

メール】→【環境設定】の順にクリックします。

7 「アカウント」画面が表示されます

アカウント】→【設定したアカウント】の順でクリックし、「メールボックスの特性」タブを表示したら【送信済みメールボックス】の上下矢印をクリックします。

8 プルダウンから【Sent】をクリックします 

9  【ゴミ箱メールボックス】の上下矢印をクリックします。

10  プルダウンから【Trash】をクリックします。

11 【迷惑メール】タブをクリックします。

次のように入力されていることを確認したら、左上の閉じるボタンをクリックします。

迷惑メールフィルタを有効にする チェックが入っていることを確認します。
“迷惑メール”メールボックスに移動 チェックが入っていることを確認します。

12 フォルダー一覧から【Sent】と【Trash】が消えます

設定したアカウント配下のフォルダ一覧から【Sent】と【Trash】が消えていることを確認します。
以上で設定は完了です。
※【Sent】と【Trash】はそれぞれメールボックス配下の【送信済み】と【ゴミ箱】に同期されました。