記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

文字サイズ

記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

会員サポートメニュー 会員サポート

障害・メンテナンス情報

障害・メンテナンス情報サイトにてお知らせしております。

詳細はこちら

ご契約内容の確認

ご契約内容確認、ご利用明細や
各種お手続がおこなえます。

ログイン

よくある質問

    お問い合わせ

    サービスに関する質問、疑問がありましたらお問い合わせください。

    お問い合わせ一覧

    資料請求

    メールソフトの設定 : Thunderbird38.4の設定 はじめて設定をする場合(Windows版)【POP】

    Thunderbird38.4に初めてメールアドレスを設定する方法を説明します。

    メールアドレスやメールアカウントなど電子メールの設定に必要な情報を記載した「登録完了のお知らせ」が必要になりますので、ご用意ください。

    1 Thunderbirdを起動します

    スタート】→【すべてのプログラム】→【Thunderbird】の順にクリックします。
    デスクトップにThunderbirdのアイコンがある場合は、アイコンをクリックしても起動できます。

    2 「新しいメールアドレスを使いたい方」画面が表示されます

    gandi.netのチェックを外し、【メールアカウントを設定する】をクリックします。

    参考:【新しいメールアドレスを使いたい方】画面が表示されない場合
    メニューバーの【ツール(T)】→【アカウント設定(S)】→画面左下のプルダウンから【メールアカウントを追加(A)】を選択すると【メールアカウント設定】が開きます。

    3 「メールアカウント設定」が表示されます

    次のように入力して【続ける(C)】をクリックします。

    あなたのお名前(N) お好きな名前を入力します。入力した名前が差出人として送信相手に届きますので、相手にとってあなただと分かりやすい名前にすることをお勧めします。
    メールアドレス(L) 「登録完了のお知らせ」に記載されているメールアドレス半角英数字で入力します。
    パスワード(P) 「登録完了のお知らせ」に記載されているメールパスワード半角英数字で入力します。
    初期メールパスワードより変更している場合は、変更後のパスワードを入力してください。
    パスワードを記憶する(M) チェックを入れます。

    4 表示された画面で【手動設定(M)】をクリックします

    参考:【アカウント設定を見つけられませんでした】画面が表示された場合
    【手動設定(M)】ボタンをクリックする前に「Thunderbirdはあなたのアカウント設定を見つけられませんでした」画面が表示された場合でも、手順5に従って設定を書き換えて進めてください。

    5 表示された画面で次のように設定し、【再テスト】をクリックします

    受信サーバ POP3】を選択します。
    サーバのホスト名 pop.t-com.ne.jp】を入力します。
    ※SSLを使う場合【pops.t-com.ne.jp
    ポート番号 110】を選択します。
    ※SSLを使う場合【995
    サーバのホスト名 smtp.t-com.ne.jp】を入力します。
    ※SSLを使う場合【smtps.t-com.ne.jp
    ポート番号 587
    ※SSLを使う場合【465
    SSL 自動検出】にします。再テスト後に【接続の保護なし】に自動で変更されます。
    ※SSLを使う場合ポート番号を入力すると自動的に【SSL/TLS】になります。
    ユーザ名 メールアドレス】を入力します。

    6 表示された画面で【詳細設定(A)】をクリックします

    7  【サーバ設定】を表示します

    左側のメニューから【サーバ設定】をクリックします。以下のように設定し、【OK】をクリックしたら設定完了です。

    ダウンロード後もサーバにメッセージを残す(G) 必要に応じて設定します。※

    ※チェックをしておくと、受信メールサーバにあるあなたのメールボックスにメールのコピーを残すことができますが、メールボックスが「無制限/60日間(標準)」の場合、60日間の保存期間経過後は削除されます。