記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

文字サイズ

記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

会員サポートメニュー 会員サポート

障害・メンテナンス情報

障害・メンテナンス情報サイトにてお知らせしております。

詳細はこちら

ご契約内容の確認

ご契約内容確認、ご利用明細や
各種お手続がおこなえます。

ログイン

よくある質問

    お問い合わせ

    サービスに関する質問、疑問がありましたらお問い合わせください。

    お問い合わせ一覧

    資料請求

    メールソフトの設定 : Outlook 2013の設定 初めて設定をする場合【POP】

    Outlook2013に初めてメールアドレスを設定する方法を、Windows8を例にご案内します。追加メールアドレスも同じ方法で設定いただけます。

    メールアドレスやメールアカウントなど設定に必要な情報を記載した書類(「登録完了のお知らせ」または「メールアドレス追加のお知らせ」)をご用意ください。
    OSのバージョンによってOutlook2013の起動方法が異なります。詳細については各メーカーにお問い合わせ下さい。

    1. Outlook 2013を起動します

    スタート画面から【Outlook 2013】のアイコンをクリックします。

    参考:Outlook 2013】が見当たらない場合はスタート画面の何も無い所を右クリック→画面右下隅の【すべてのアプリ】をクリック→【Outlook 2013】をクリックします。

    Windows7の場合は、【スタート】→【すべてのプログラム】→【Microsof Office】→【Microsoft Outlook 2013】の順にクリックします。

    デスクトップに【Outlook 2013】のアイコンがある場合は、アイコンをクリックしても起動できます。

    2. 【次へ(N)】をクリックします。

    「Outlook 2013 へようこそ」の画面が表示されたら【次へ(N)】をクリックします。

    参考:Outlook の通常画面が表示された場合は【ファイル】→【アカウントの追加】をクリックして手順4へ進みます。

    3. 【電子メールアカウントの追加】画面が表示されます

    「電子メールアカウントの追加」の画面で、【はい(Y)】を選択して、【次へ(N)】をクリックします。

    4. 【自動アカウントセットアップ】画面が表示されます

    自動アカウントセットアップ】の画面で、【自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)(M)】を選択して、【次へ(N)】をクリックします。

    5. 【POPまたはIMAP(P)】を選択して、【次へ(N)】をクリックします

    サービスの選択】の画面で、【POPまたはIMAP(P)】を選択して、【次へ(N)】をクリックします。

    6. アカウント情報を入力します

    POPとIMAPのアカウント設定】の画面で、以下のように入力してください。
    入力後、【詳細設定(M)】ボタンをクリックします。

    ユーザー情報
    名前(Y) お好きな名前を入力します。
    入力した名前が差出人として送信相手に届きますので、相手にとってあなただと分かりやすい名前にすることをお勧めします。
    電子メールアドレス(E) 「登録完了のお知らせ」に記載されているあなたのメールアドレス半角英数字で入力します。
    こちらで入力したメールアドレスが、あなたが送ったメールの送信元メールアドレスになります。これに誤りがあると、送信相手があなたのメールに返信しても届かなくなってしまいますので、正しく入力してください。
    サーバー情報
    アカウントの種類(A) POP3】を選択します。
    受信メールサーバー(I) pop.t-com.ne.jp
    ※SSLを使う場合【pops.t-com.ne.jp
    送信メールサーバー(SMTP)(O) smtp.t-com.ne.jp
    ※SSLを使う場合【smtps.t-com.ne.jp
    メールサーバーへのログオン情報
    アカウント名(U) 「登録完了のお知らせ」に記載されているメールアドレス半角英数字で入力します。
    パスワード(P) 「登録完了のお知らせ」に記載されているメールパスワード半角英数字で入力します。
    初期メールパスワードより変更している場合は、変更後のパスワードを入力してください。
    パスワードを保存する(R) チェックをすると、メールを送受信する度にパスワードを入力する手間が省けますので、チェックすることをお勧めいたします。
    メールサーバーがセキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)に対応している場合には、チェックボックスをオンにしてください。 チェックしません。

    7. メールアカウントの設定をします

    インターネット電子メール設定】の画面で、【全般】タブを選択して、以下のように設定します。

    メールアカウント 分かりやすい名前を付けておきましょう。
    組織(O) 必要な場合は設定をしてください。設定してない場合は何も入力されていません。
    返信電子メール(R) 自分が送ったメールに対して受信した人が返信した場合の送信先メールアドレスは【POPとIMAPのアカウント設定】画面の【電子メールアドレス(E)】で入力したメールアドレスになります。返信用アドレスを別にしたい場合に設定します。
    別に設定しない場合は、何も入力しません。

    8. 【送信サーバー】タブを選択します。

    送信サーバー】タブを選択して、以下のように設定します。

    送信サーバー(SMTP)は認証が必要(O) チェックします。
    受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U) クリックして選択します。
    • ※このチェックは、「SMTP認証」を使うことを意味します。「SMTP(エスエムティーピー)認証」とは、メール送信時にもメールアカウント、メールパスワードで正規のユーザかどうかをチェックする仕組みです。@TCOM(アットティーコム)ではこのSMTP認証を使用していますので、必ずチェックを入れてください。

    9. 【詳細設定】タブをクリックします

    続いて【詳細設定】タブをクリックします。

    以下のように設定されているか確認してください。設定されていない場合は、以下を参考に修正してください。

    修正を終えたら【OK】ボタンをクリックします。

    受信サーバー(POP)(I) 110】となっていることを確認します。
    ※SSLを使う場合【995
    このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要(E) チェックを入れない
    ※SSLを使う場合チェックを入れる。
    送信サーバー(SMTP)(O) 587】を入力します。
    ※SSLを使う場合【465
    使用する暗号化接続の種類(C) なし】を選択します。
    ※SSLを使う場合【SSL
    サーバーのタイムアウト(T) 任意に設定できますが、通常は1分でもかまいません。
    サーバーにメッセージのコピーを置く(L) 任意で設定します。※1

    ※1 チェックをしておくと、受信メールサーバにあるあなたのメールボックスにメールのコピーを残すことができますが、メールボックスが「無制限/60日間(標準)」の場合、60日間の保存期間経過後は削除されます。

    10. 【アカウント設定のテスト(T)】をクリックします。

    POPとIMAPのアカウント設定】に戻りますので、【アカウント設定のテスト】の下にある【アカウント設定のテスト(T)】をクリックします。

    テストアカウント設定】が開き、設定内容が正しく行われているかどうかのチェックが行われます。各タスクの状況が「完了」になれば、設定が正しく行われていることを示します。【閉じる】ボタンをクリックします。

    状況が「失敗」になってしまった場合は、正しく設定が行われていません。エラー内容を確認し、設定内容を修正してください。

    11. 【POPとIMAPのアカウント設定】に戻ります。

    POPとIMAPのアカウント設定】に戻ります。 【[次へ]をクリックしたらアカウント設定を自動的にテストする(S)】のチェックをはずし、【次へ】ボタンをクリックします。

    [次へ]をクリックしたらアカウント設定を自動的にテストする(S) チェックを外します。

    12. 【完了】ボタンをクリックします

    すべて完了しました】と表示されますので、【完了】ボタンをクリックします。

    以上で設定は終了です。